%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-19-18-31

美容皮膚科医・アンチエイジング専門医・トライアスリート

Dr. 黒田愛美AIMI KURODA

【当社より】

エイジングケアや美容のみならず健康・運動・栄養学まで幅広い知識を自身のライフスタイルで体現している美人女医。医療ドラマや美顔器、ミキサーまで様々なプロダクトの監修を手がけている。


【趣味】

トライアスロン


【経歴】

1979年1月31日東京生まれ
中学時、アメリカへ単独留学
California St.Timothy school, Southwestern Academy卒業後帰国し、父の遺志をついで医学部を志す

2003年:獨協医科大学医学部卒業
学生時代に出逢った「乳癌」の患者さんの影響を受けて「女性のため外科医」になることを決意
同年:東京女子医大 内分泌乳腺外科入局(乳腺、甲状腺腺専門)
日々乳癌の患者さんと接する中で、乳癌術後の「再建(豊胸)」をより深く学びたいと思い、「美容外科医」となる決意をする

2005年 :東京女子医大 麻酔科入局/都内美容外科、美容皮膚科非常勤勤務
「美容外科医」となるためには「麻酔科」の知識と経験が必要と考え、
麻酔科医として勤務しながら休日は美容外科医として働く、という日々を送る
2年間の麻酔科研修を終え、標榜医を取得し、晴れて美容外科一本に絞る

2007年:大手美容外科へ入職

2010年:同美容外科新宿院部長就任
日々「美容外科医」として働く中で、今の日本の「美容外科」はとても限局的で限られた人のためにしかなれないと気づく。
より多くの人のためになりたい・より多くの身近な人のためになりたい
そのためには「美容外科」ではなく「美容皮膚科」の分野を広げるべきだ、と気づく

2011年9月: 同グループでのスキンクリニック一店舗目である「スキンクリニック新宿院」を立ち上げ、同時にグループ内初の女性院長となる

2013年8月:
同スキンクリニック表参道院を立ち上げ、院長に就任
「美容外科」「美容皮膚科」のプロフェッショナルとなったが、それでもまだ「限局的な医療」だと気づく。もっとたくさんの人、もっと身近な人のためになりたい。そのためには外からの「美しさ」「アンチエイジング」だけでなく、中からの「美しさ」にはアンチエイジングが必要。「美」は「健康」のためにならなくてはいけないと気づき2014年8月自身で立ち上げたクリニックの院長退任を決意し退職

現在:クリントエグゼクリニック勤務
予防医学(アンチエイジング内科)と美容医療、外からも中からも健康で美しく!をテーマに日々診療しながら多方面で活躍している


【所属学会・資格】

日本美容外科学会専門医
麻酔科標傍医
麻酔科認定医
キレーション認定医
サーマクール認定医
リポソニック認定医
Laser Vaginal Rejuvenation(女性器若返り)認定医
ボトックスビスタ認定医
ジュビダーム認定医

「アラガン・ジャパン」メディカルアドバイザー・注入指導医

日本麻酔科学会会員
日本美容外科学会会員
日本美容皮膚科学会会員
日本抗加齢医学会会員
点滴療法学会マスター会員
臨床水素研究会会員


【書籍・監修実績】

医療監修:
日本テレビドラマ「ヤングブラックジャック」医療監修
映画「パラダイスキス」美容監修
特許LEDライト医療監修(ミラー、アロマディフューザーなど)
「Panasonic beauty」イメージキャラクター、CM
「T-fal」ミキサー広告、アドバイザー


【メディア実績】

各雑誌、著書(林真理子さん著者「中年心得帳」「野心と美貌」にて紹介、PHPスペシャル(2012年1月号)作家小松成美さんによる特集)
テレビ、CM、新聞、コラムなど


  Dr. 堀田和亮  >